他で勧められた商品

銀行・郵便局・保険会社


■ 銀行で投資信託を進められました。投資信託と預貯金どちらを選択したらよいですか?               


   投資信託は証券会社以外でも取り扱いをしています。
   投資信託のリベートを選ぶのが良いのか?もしくは銀行の預貯金に預けて利息を増やしていくのが良いのか?
   投資となると減る場合もあるのでなかなか選択しずらいですよね(--;
   そこで、投資信託と預貯金の違いから考えてみましょう。


   ■ 投信信託と銀行預金の違い                              


   投信信託と銀行預金の違いは「元本保証されるか?」・「利回り」となりますが、どちらを選択するかは
   個人の判断となります。投資信託を選択した場合は元本保証がされない代わりに変動に対するリターンが
   あります。
   リターンとは必ずしもプラスというわけではないので内容を理解した上でよい商品、投資家に巡り合えるか
   だと思います。
   また、金融商品の場合は必ず元本保証される代わりに大きな利息(リターン)が見込めないことが違いと
   なります。


   投資信託の場合・・・元本保証はありません。


             理由 : 運用により利まわりが変動するので元本保証されません。


   銀行預金の場合・・・1000万円までは必ず元本保証されます。

   
■ 保険会社・郵便局で投資信託をすすめられました                                   
                setumei2.jpg

   投資信託には信託法というものがあり、委託者・受託者・受益者の三者がいることが基本となります。
   運用を行うには投資運用業の免許があり、第2種金融商品取扱業が必要となり保険会社でも第2金融商品
   取扱業をもっている保険会社であれば、投信信託を販売することは可能です。
   郵便局や保険会社で投資信託を購入したとしたら証券会社と何が違うのでしょうか?
   また、証券会社や銀行よりメリットがあるのでしょうか?
   ここでも、個人の選択になると思うので、信頼できると判断した上での投資だと考えているので一概に賛成も
   否定もできません。
   だた、個人的意見でいうなら・・・保険会社は保険の専門会社なので投資に関しての知識をどこまで持っている
   のかにもよると思います。
   保険会社で勧められた場合はよく話を聞き理解したうえで投資されるのが良いと思います。


   次に郵便局での投資信託となりますが・・・郵便局はどこにでもあり、証券会社と違い身近にあるせいか窓口
   としては受け入れやすいと思います。
   しかし!郵便局で取り扱われている商品の種類は証券会社・銀行と比べると少ないと思います。
   また、手数料のことを考えても高いのではないでしょうか?。 



FX取引の注意点