投資信託の種類

REIT(不動産投資)とは


■ REITとは・・・                                             


toti.jpg
 eal-state nbestment rust


            ↓


 略してREIT(リート) : 不動産投資信託


 REITは、多くの投資家から資金を集め、住宅・
 ホテル・オフィスビル・商業施設・・・ect・・・などの
 不動産を購入して賃貸収益や売却益などを投資家に分配する投資商品ことをいいます。


 REITでは大体の運用資金が20万円から投資が可能だと思ったほうがいいです。


 ■ REITには会社型と契約型がある                                     


   現在現在上場しているものは主に「 会社型 」が多いです。


   【 会社型 】
    不動産への投資を目的とした「 投資法人 」という特別な法人を設立し、有価証券の「 投資証券 」を
    投資家に向け発行します。
    投資証券は株式同様に証券取引所に上場され、証券会社を通して売買ができます。


    ここで集められた資金で投資法人は不動産を購入しています。


    投資法人は不動産を保有・運用することだけを目的として作られた法人で、それ以外の業務を行うことが
    出来ません。


   【 契約型 】
    委託者図型投資信託と委託者非図投資信託の2種類に分かれます。


    委託者指図型投資信託 ・・・・ 投資信託委託業者が不動産を選んだり、運用などを行ない、信託銀行が
                    不動産を保有・管理する役割となります。


                    発行される証券は「 受益証券 」となります。


    委託者非指図型投資信託 ・・・ 資産の保有・運用も信託銀行が行なっています。
                    

                    
                    発行された証券は「 受益証券 」です。


 ■ REITのメリット                                            


  不動産投資と聞くと、投資する気持ち的には大きな資金などが必要という感覚になりそうですが、実は
  ある程度の資金で投資ができちゃうんです。


ilm2007.jpg
  【 理 由 】


   ◆ 現物の不動産投資でない為に20万円前後からの投資金額から可能


   ◆ 安定した分配金がもらえる。


   ◆ 値動きが安定しているから、安心して投資できる。


   などなどと他にも挙げればメリット的なモノは考えられますが、一般的に何を気にして購入するかは
   ほとんどの人が上記で述べた内容ではないかと思います。



FX取引の注意点