投資信託の勝敗について

ノーロードとは


■ ノーロード投資とはなんですか?                                       


   ネットなどで投資信託の商品案内に「 ノーロード 」とありますが、ノーロードとはどのような商品なの
   でしょうか?

   
   少し調べてみると、手数料が無料とあります。
   では、手数料とはどの手数料をさすのでしょうか?
   手数料については「 販売手数料 ・ 信託財産留保額 ・ 信託報酬 」などがありました。
   
   
   復習も兼ねてここで説明します。


   ■ 投資信託の手数料                                    


    販 売 手 数 料  ・・・  証券会社や銀行などが投資家に投資信託を販売する際にかかる手数料のことです。
                この手数料は購入する時の1回だけかかる費用です。 


   信託財産留保額 ・・・ 投資信託を解約する際にかかる手数料のことです。
                信託財産留保額がかかるのは1回だけです。 


   信 託 報 酬 ・・・ 投資信託を運用する投信会社や販売した証券会社などが毎年受け取る手数料のことです。
                運用報酬ですので「毎年」必要になります。 


   ■ ノーロードとは                                     


   投資信託を購入する場合、販売手数料がかかりますが、この販売手数料が無料なのが、ノーロード投信です。
   投資信託ではこの手数料に関して0円~3.15%ほどかかります。
   この販売手数料は運用会社が定めた手数料の範囲内で証券会社が決めているモノです。


   例  100万円を投資信託の資金として購入の際に、販売手数量 1% かかる場合
 
   okane.jpg 100万円  ×  販売手数料  3%  ⇒  30,000円 の 手数料 が かかり
   

      970,000円の運用資金となります。


    ノーロードの場合 
   okane.jpg 100万円  ×  販売手数料  0%  ⇒  100万円 の ままとなり
   

      100万円の運用資金となります。


   ■ ノーロードはお得???                                 

   
   ノーロード投信は販売手数料が無料なのでノーロードを選択することは間違っていないと判断しても良いでしょう。
   

   bikkuri.jpg上記で述べた「 信託財産留保額 ・ 信託報酬 」の手数料などを含めて総合的に見たときにどうなので
      しょうか?


   せっかくノーロードの投資信託があるのに、信託財産留保額 ・ 信託報酬などで手数料がかさみノーロードの
   意味がなかった・・・ということにならないようにしたいですよね。


   投資信託は短期よりも中長期投資として考えたほうが良いと思います。


    
  A証券  
  B証券(ノーロード)  
販売手数料
3%
0%
信託報酬
1%
3%
合  計
4%
3%


   bikkuri.jpgという内容になり、ノーロードの方がお得ですね。


   stop.jpgちょっとまって!!!信託報酬は毎年かかります。
      中長期的に運用した結果!


    
  A証券  
  B証券(ノーロード)  
信託報酬1年
4%
3%
信託報酬2年
5%
6%
信託報酬3年
6%
9%
信託報酬4年
7%
12%


   2年目には販売手数料のあったA証券会社よりB証券会社(ノーロード)が上回ってしまいました。
   4年目にはほぼ2倍に近いです。


   bikkuri.jpg投資信託は手数料のことを「  目論見書  」などにより確認が必要となります。
   

   
   


   


   

   
   


   
   


FX取引の注意点