投資信託の購入・売却

解約とは?売却とは?


■ 投資信託で解約と売却とありますが、何が違いますか?                            


   投資信託を購入した後に利益が出たので現金化する手続きをとる際に担当者の方に「 売却ですか? 」などと
   言われたり、「 解約ですか? 」と言われます。
   私たちからすると、解約も売却も同じ意味だと捉えてしまっていると思いますが、その違いについてお話しを
   したいと思います。


   売却とはお金を引き出すときに売却というコトバを使います。


   また、買うというのはお金を出すときに買うという表現となるようです。


   そのことから・・・


    投資信託を売却する方法は2つあります。

 
   買い取りとは・・・・投資信託の販売会社に投信信託の受益権の買い取りを請求することで換金を行います。

 
   解約とは・・・・・・販売会社を通して信託契約を一部解約して信託財産の返還を請求することで換金すること
             です。
  
  
  ■ 買い取りの内容を図にしてみました                             


   投信信託の換金バターンの1つに「買い取り」とありますが、買い取りとは保有している投信信託を販売会社に
   買い取ってもらうことです。 
   その後、販売会社は運用会社に解約請求を行います。


                 kaiyaku-nagare.png


  ■ 解約の内容を図にしてみました                              


   もうひとつの換金パターンとして「解約」がありますが、解約とは、販売会社を通して運用会社に
   信託財産の返還請求を行うことをいいます。


                 kaiyaku-nagare3.png


   買い取りと解約の違いは、販売会社に買い取ってもらうか、販売会社経由ですが、直接運用会社に
   解約請求をするかの違いということです。
   


FX取引の注意点