投資信託とは

目論見書とは


■ 投資信託をする前に目論見書の内容を確認とありますが、目論見書とはなんでしょうか?             


   投資信託を行う際に目論見書というモノを聞いたり、書類として渡されたりしますが、実際にはどんなモノ
   なのでしょうか?
   以下にまとめてみました。


   目論見書とは投資家に募集要項や費用、運用内容を説明するための資料です。
   金融商品取引法によって、取引の際には必ず投資家に交付しなければならないと定められています。
   目論見書には、交付目論見書と請求目論見書があります。

   
   交付目論見書・・・投資家に義務付けられているものです。


   請求目論見書・・・投資家から請求があった場合に交付する目論見書です。


交付目論見書
・ファンドの基本情報   ファンドについての目的・リスクの確認 ・申し込みや換金に関する情報   信託報酬・信託財産留保金の費用や解約取り扱い期間・解約   代金の支払い方法など
交付目論見書
ファンドの情報  ファンドの目的・状況・管理、運営、経営状況の確認 ・委託会社の情報  財務諸表などがデータが掲載されているのでそこを確認


hakase.jpg投資信託購入後には運用レポートや報告書も活用するとよいと思います。


目論見書を知ることは投資するその商品について詳しく知ることになります。
「 証券会社に聞いてみました 」のD証券会社さんでも、ご担当者の方に目論見書の中には複数銘柄に    分散しているのか?・・・株だけなのか?
      債券も含まれているのかを確認するといいでしょう。
      実際に言われていたので・・・投資信託を始める際にご担当者の方に目論見書の中身を伺ってください。


FX取引の注意点