投資信託とは

投資信託の流れと仕組み


■ 証券会社で投資信託を申し込んだ後の流れや役割を教えて?                          
    
   投資信託は投資信託運用会社でつくらています。
   投資信託運用会社とは投資家の資産運用を行う会社となり、投資家、販売会社、運用銀行などが
   それぞれの役割を分担して、効率的に運用していきます。


   役割といってもピンとこないと思うので販売会社とはどこを指すのか?
   販売会社とは証券会社や銀行などを指します。
   役割としては口座管理や販売・換金・償還金などの支払いなどを行います。


   次に運用会社とは投資家から購入した投信信託の運用を行います。
   

   信託銀行については投資家から集めた資金の保管と管理などをしています。


   下記にて詳細をご案内します。
    

   ■ 図にしてみました                                

  無題6.jpg

   
   ■ 役割と分担内容                                 



販売会社
証券会社・銀行などをいいます。主な役割として ・投資家の口座管理 ・投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払い ・投資家の方々の資産運用に関する相談 などを行っております。
運用会社
運用会社は法律上「委託者」と呼ばれており、投資家から購入した投資信託を実際に運用します。 運用会社では常に経済・金融情勢の情報収集や分析を行い、資産運用を考え信託銀行に指示をします
信託銀行
信託銀行は法律上「受託者」と呼ばれており、投資家から集めた資産を保管・管理を役割としてい ます。運用会社の指示に従い、株式・債権などの売買や管理を行います。 また、法律上で投資家から預かった資産と自行の資産とは区別して管理することが義務付けられています。 万一、信託銀行が破錠したとしても上記のことから信託資産に影響はありません! 投資信託は販売会社・運用会社が潰れても資産が全くなくなることはありません 理由:投資者保護基金が補償を行うことになっているため

要注意事項                        
投資者保護基金の対象になるのは証券会社で投信信託を購入した場合に限ります。
投資信託を銀行や郵便局、証券会社以外で購入された場合は投資保護基金による補償は受けれないのでご注意ください。


   ※ 投資者保護基金制度については「 投資者保護基金とは?証券管理振替機構とは? 」を
     見てください。

     また、実際に証券会社の方にも聞いてみました。
     「 証券会社に聞いてみました 」も見て下さい。


        


  


FX取引の注意点